米国スタンフォード大学発【データサイエンス領域の人材育成シンポジウム】

シンポジウム

Women in Data science

WiDSとは、米国スタンフォード大学 ICME(Institute for Computational & Mathematical Engineering)を中心とした「性別に関係なくデータサイエンス分野で活躍する人材を育成する」ことを目的とした活動です。

広島県におけるWiDSの活動

WiDS HIROSHIMAは、2020年よりWomen in Data scienceの公式地域イベントとして誕生しました。広島県が国の認定を受けた「ひろしまものづくりデジタルイノベーション創出プログラム」の一環として開催されています。広島県は、この取り組みを通じて、県内におけるデータサイエンス教育の発展と、地元産業におけるデータサイエンス・AIの活用推進、多様な人材が活躍できるフィールドづくりを目指します。

シンポジウム概要

WiDS HIROSHIMAのシンポジウムは、データサイエンス分野を多様な人材が活躍できるフィールドとして発展するための人材育成と教育の普及啓発を目的としたディスカッションが行われます。さまざまな業界で活躍するデータサイエンティストを中心に、産官学界におけるデータサイエンス分野の研究実績の紹介や、社会×データの新たな可能性に関する討論で構成されたプログラムをオンラインにて配信いたします。

◆名称
WiDS HIROSHIMAシンポジウム

◆開催日
2021年3月27日(土)13:30~(予定)

◆場所・開催方式
オンライン配信(Zoom)※申込者にURL案内

◆申込方法
connpassからお申込みください

プログラム

決定次第、こちらに掲載いたします。