米国スタンフォード大学発【データサイエンス領域の人材育成シンポジウム】

WiDS HIROSHIMA2021、3月開催決定

2020年にアイデアソン2020という形で初開催となったWiDS HIROSHIMA。

WiDSは、2015年に米国スタンフォード大学を中心に始まった、ジェンダーに関係なく、データサイエンス分野で活躍する人材育成を目的とした活動です。
広島開催2回目となる2021年は、データサイエンス分野の活躍人材による講演が行なわれるシンポジウムとデータ活用アイデアを募るアイデアソンの2つが3月に開催されます。

また、本イベントでは2021年3月のシンポジウム開催に向け、関連テーマによるワークショップを開催。
SDGs、人材育成、アイデアソン応募のためのガイドセミナーなど、さまざまなテーマで提供してまいります。オンライン参加も可能なイベントを予定しています。第1回ワークショップは2020年12月9日(水)に「SDGsとデータサイエンス」をテーマとして開催いたします。