米国スタンフォード大学発【データサイエンス領域の人材育成シンポジウム】

WiDS HIROSHIMAについて

WiDS HIROSHIMAは、広島県を中心に 産官学のデータサイエンス分野で活躍する女性を中心としたシンポジウムです。この領域で活躍する人材による講演・パネルディスカッションやアイデアソンの開催を通じて、次世代のデータサイエンティスト育成とこの分野において男女問わず多様な人材が活躍できるフィールドへの発展をモチベートします。


主催

広島県 / 広島大学 / ひろしま自動車産学官連携推進会議 広島県地方大学・地域産業創生事業推進特別委員

運営

株式会社 Rejoui

WiDSとは?

WiDSとは、Women in Data Scienceの略称で、米国スタンフォード大学のICME(Institute for Computational & Mathematical Engineering)を中心に、性別に関係なくデータサイエンス領域の人材を育成・啓発することを目的とした世界的な活動です。各国にいる認定されたアンバサダーを通じて、世界150箇所以上でシンポジウムが開かれており、日本国内でも各地でアンバサダーがシンポジウムやワークショップを開催しています。

WiDS HIROSHIMA 公式Twitter

 

過去の開催イベント

WiDS HIROSHIMAは、米国スタンフォード大学発のWomen in Data Scienceの西日本初の地域開催として、2020年にスタートしました。
当初は同年3月に会場でのシンポジウムおよびアイデアソンの開催を予定していましたが、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため開催時期を延期し、オンラインにてアイデアソンのみの開催となりました。アイデアソン2020のテーマは「新たなる災害対策」。
イベント当日は、事前応募の中から審査員によって選出されたファイナリストたちによる素晴らしいプレゼンテーションが行なわれました。

表彰されたアイデアについては、以下のサイトからご覧いただけます。
WiDS HIROSHIMA アイデアソン2020イベントサイト